不織布マスクの性能について

こんにちは!株式会社向日葵です🌻

 マスクをする生活になってから早3年・・・

世の中にはたくさんのマスクがありますよね。

不織布マスクのパッケージには「99%カットフィルター」など記載されていますが

皆さんは、どういった試験がされているかご存じですか?

今日はマスクの性能についてお話していきます!

 

目次

  1. 不織布マスクの構造
  2. フィルターの性能
  3. マスクの選び方

 

1.不織布マスクの構造

1枚の布でできているように見えるマスクですが

実は不織布マスクは3枚ほどの不織布を重ね合わせてできています。

 

 

外側の不織布と肌に触れる内側の不織布でフィルターをはさんでいる形となります。

このフィルターがどれだけウイルスや粒子をキャッチできるかが

「99%カットフィルター」という文言につながってくるのです。

 

 

 

2.フィルターの性能

 不織布マスクの性能はこのフィルターを使って、

ウイルスや粒子をキャッチできるか、すなわち「ろ過率」に左右されます。

 

「ろ過率試験」を使って、どの位の大きさの粒子をキャッチできるかをテストし

その結果をもってパッケージに記載しているのです。

 

ウイルスやPM2.5、花粉などは粒子の大きさが違うので下記の3つの試験があります。

*細菌は1.0㎛、飛沫は3.0~5.0㎛、花粉は30.0㎛、PM2.5は2.5㎛以下の粒子

 

試験項目は3つあり、

①BFE試験:バクテリア(細菌)ろ過効率

②VFE試験:ウイルスろ過効率

③PFE試験:微粒子ろ過効率

この3つの項目はパッケージにも記載されていることが多いですね。

 

①BFE試験(バクテリアろ過効率)は約3.0㎛

②VFE試験(ウイルスろ過効率)は約1.7㎛

③PFE試験(微粒子ろ過効率)は約0.1㎛

の大きさの粒子をカットできるかという項目です✨

PFE試験が一番小さな粒子までカットすることができるので、

PFE試験をしているマスクを選ぶとよりマスクの効果を感じていただけると思います☺

 

 

3.不織布マスクの選び方

 不織布マスクは、ウレタンや布マスクよりも圧倒的に「ろ過率」が高いのです!

花粉でつらい時期や

感染症が流行っている間は

不織布マスクがおすすめです♪

 

 

しかし、肌荒れ対策や呼吸のしやすさ、節約・・・など

布マスクやウレタンマスクを使うメリットもありますので

自分にあったマスクを探して選んでみてくださいね✨

 

皆さんのマスクライフがより良いものになりますように(^^)

 

 

弊社の取り扱い製品群は、美容用品・衛生用品・介護用品となりますが

今後、このブログを通して豆知識やモノづくりへのこだわり等を

お届けしていきたいと思っています☺